キャバクラ派遣への登録が終わったあと、どれくらいの期間で働くことができるようになるのかを解説します。

MENU

登録してからどれぐらいで働くことが可能か

 

キャバクラの店舗による直接雇用であれば、夕方に面接して、採用されればその日から勤務という状況も珍しくありません。
キャバクラ派遣の場合は登録してから、シフトを出したり公開されている仕事情報に応募するなどして勤務日が決まっていきます。
希望勤務日の何日前までに希望を出すかは派遣会社ごとでルールが異なります。

 

前持ってシフトを組むこともありますし、人員不足が出ると当日や翌日に働けないか相談されることがあります。
派遣先に強いこだわりがなければ、希望勤務日さえ伝えればあとは担当者が勤務先を決めて確実に働けるように手配してくれます。

 

即日勤務は難しい?

 

氷とシャンパンとグラス

個別に面接の調整をしてくれる中小規模の派遣会社の方が即日勤務にも対応してくれることが多いです。
大手の場合は、週3回ほどのペースで登録会の日時が決まっていて、そこから希望日時で予約して登録する流れになります。
登録した日に働くには、登録を夕方になる前の早い時間には終わらせておく必要があります。

 

しかし、大手は仕事や学校帰りの人が多いことから登録会自体を18~19時などの夜に開催する傾向があります。
登録する時間帯が遅いと、繁忙期など人が足りなくて困っているお店があっても、その日から働くことは難しいです。

 

登録した翌日であれば、働けるチャンスが一気に大きくなります。
すぐに働きたい場合は、Webページから見れる仕事情報だけではなく、担当者に突発的な勤務依頼や欠員が出たら連絡を貰うように伝えておきましょう。

 

未経験者は焦りすぎに注意

 

早く働いて、すぐにお金が欲しいと思う気持ちもあると思いますが、キャバクラ未経験であれば準備を整えてから勤務することも無難です。
お店の厳しさや髪型によってはヘアセットを義務付けられることがありますし、ドレスも常に貸ドレスがあるとは限りませんし、ドレス選びを失敗すると他のキャストから目を付けられたり、勤務を断られるケースもあります。

 

ドレスは自分で用意が必要?

 

未経験者の場合は、まずは面接や登録会で色々と話を聞いて、そこから経費削減と働くお店の選択肢を増やすために自前でドレスを買ったり、ヘアセットする場所と勤務地の関係性などを確認してから勤務希望を出すようにしましょう。
登録してから3~4日は働かいという気持ちを持って臨んだ方が無難です。

 

経験者であれば、どこの派遣会社でも勤務内容に大きな違いはないので、登録した翌日くらいから働くことができます。
すぐに働きたい場合は、登録すればすぐに紹介先があるのか登録前に確認しておきましょう。
大手で提携キャバクラ店の多いところほど、直前での勤務希望でも受け入れてくれるところが見つかりやすいです。

 

給料日はいつ

キャバクラ派遣のメリットは給料の支払いが早いことです。
日払い、週払いに対応しているところが多く、お店から直接雇用された場合に比べてすぐに働いた分の給料を受け取れます。
すぐに1~2万円のお金が必要という理由で短期的にキャバクラ派遣を利用したり、昼の仕事の給料で生活費が足りない時だけ働く方法も可能です。