シングルマザーとして働くにあたっての仕組みを考察します。

MENU

シングルマザーでも働けるか

 

シングルマザーは1人で子供を育てをしながら働かないと行けません。

 

子供の年齢にもよりますが、未就学児の場合、まともな仕事をすれば認可保育園を利用できますが、キャバクラでは困難です。
全国的に認可保育園は激戦ですが、シングルマザーは入園を認められやすいです。
無認可保育園やベビーシッターを活用する方法もありますが、費用が高くて現実的ではありません。
一部では、子供が寝てから夜に短時間勤務するケースもありますが、家に小さい子供を1人にするのはリスクが大きいです。

 

親など預け先がいない環境でキャバクラ派遣をすることは不可能ではないですが、難しい部分がたくさんあります。
他に仕事をして、副業でキャバクラ派遣をするのであれば、保育園に預けられる日で休みが取れれば休日を利用して昼キャバで働く方法があります。

 

フルタイムは難しくても副業ならなんとかなる

 

他に仕事をして、副業でキャバクラ派遣をするのであれば、保育園に預けられる日で休みが取れれば休日を利用して昼キャバで働く方法があります。
また、子供が起きずに朝まで寝れる場合は、21時頃に寝かしつけて22時から3~4時間働く方法も可能です。
これを毎日続けると、お母さんの睡眠時間が減って体調を崩すなど弊害が色々と出てきます。
昼に仕事をしながら、週に1~2回短時間勤務で働く方法であれば可能です。
3~4時間の勤務でも日給1万円近くなるので、月に6~7回働くだけでも月収が6~7万円増えるので生活が楽になるでしょう。

 

シングルマザーに襲いかかる当日欠勤のペナルティ

 

シングルマザーで最大の課題になるのが、子供の体調不良になる当日欠勤です。
家に1人で留守番できるとしても、体調不調であれば状況は変わってきます。
キャバクラ派遣でも当日欠勤はポイント減額など厳しいペナルティを行っていて、欠勤が多いと強制的に登録解除されます。

 

子供を迎えに行くシングルマザー

しかし、登録スタッフを多数抱えていて変わりを見つけやすいキャバクラ派遣はお店に直接雇用するよりかは働きやすい環境です。

 

大手キャバクラ派遣会社TRYの場合は、当日15時までであって病院の診断書や領収書など、やむをえない欠勤であることを証明できればペナルティなしに欠勤できます。
頻度が多いと強制登録解除になることはありますが、たまに欠勤する程度であれば多少の融通が利きます。
15時がタイムリミットであれば当日の子供の体調変化が分かりやすいです。

 

他のキャバクラ派遣会社は前日の夜までに連絡しないと当日欠勤扱いになってしまうので、子供の急な体調変化では厳しい環境になります。
派遣であっても当日欠勤を寛大に見てくれる所は少ないですが、店舗への在籍勤務に比べるとキャバクラ派遣は柔軟な対応を期待できて、欠勤連絡する際に文句を言われるケースが少ないです。

 

普段は子供1人で留守番で、体調を崩した時だけ親を呼んだり実家に預けられるような環境なら、シングルマザーでもキャバクラで働く難易度が下がります。