キャバクラ派遣は、ここ最近になって女性の副業として人気を集めてきています。

MENU

女性の副業としてキャバクラ派遣が人気を集める理由

キャバクラ派遣で働く女性の足

 

女性の副業としてキャバクラ派遣が人気を集めています。
派遣は夜の世界でも昔からある働き方でしたが、昨今は好景気による人手不足、派遣会社の地道な営業活動と登録者(キャスト)の環境改善に取り組む企業努力によって従来のデメリットが薄れつつあります。
当サイトでは、お金が欲しいけどキャバクラ勤務に不安がある初心者のために、登録方法や人間関係、給与形態、上手に稼げるポイントなどを分かりやすく解説しています。

 

キャバクラ派遣のメリット

 

能力次第ですが、お店に在籍して常連客をたくさん付けた方が効率的に稼げます。
好立地の大型店舗でナンバーワンになると月収100万円オーバーも可能になる業界で、大金を稼ぎたいのであればキャバクラ派遣よりも、店舗に在籍した方がいいでしょう。

 

しかし、キャバクラはフルタイムで働くと世間体が悪くて、歳を取るほど不利になってトーク力や接客力がないと稼ぐのが難しくなってしまう業界です。
昼にまともな仕事をしながら、空いた時間に派遣で稼ぐことに魅力を感じている方が多いです。
キャバクラ派遣のメリットをご覧ください。

 

シフトが自由

 

お店に在籍すると、週末や年末の繁忙期は休みを取りにくくなります。
副業(フルタイムではない)を理由に休みを主張することもできますが、繁忙期に休むと同僚からの反感を買って、職場の人間関係が悪化します。
シフト管理者からも、忙しい時に休みを希望すると、すんなり受け入れてくれなかったり、嫌味を言われるなど面倒なことがたくさんあります。

 

キャバクラ派遣は、派遣会社の担当者が窓口になってくれます。限られた在籍スタッフで回すお店のシフト管理者とは違い、スタッフがたくさんいるキャバクラ派遣は希望した時間だけを働くことができます。
キャバクラ派遣は登録スタッフの人数を重要視しているので、たまにしか出勤できない人でも大切に扱ってくれます。

 

人が足りないから出勤して欲しいと連絡を受けることがあっても、適当な言い訳を作って断ればしつこく言われることもないですし、同僚に迷惑をかける罪悪感が発生しません。
初心者のお試し勤務では、お店に直接雇用される体験入店もありますが、好条件を提示することは週末に2~3日の通し勤務を求めるなどキツイ条件のところが多いです。

 

人手不足で条件をよく見せようとする求人が増えるのとは対象的に、キャバクラ派遣の労働環境が良くなっていることで人気を高めています。

 

労働環境が保証される

キャバクラにあるお酒と氷

 

キャバクラ店はブラックな業界で、一部の店舗では事前に聞いていた話と実際に勤務した時の内容が大きく変わってしまうことがあります。
たとえば、元々出勤の予定になっていると、悪天候であっても出勤しないといけません。
その後、客足が伸びないと副業でたまにしか来ないキャストは早上がりを求められてしまうことがあります。

 

キャバクラは家から少し離れた場所で働く需要が強く、2~3時間の勤務になると通勤時間を含めて割にあわない仕事になってしまいます。

 

キャバクラ派遣の場合は、1回出勤したら最低でも3~4時間は勤務保証をつけてくれるので、どれだけ客がこなくても稼げないことはありません。
最低保証で多いのは4時間で、3時間保証しかないところは時給が高いです。
また、派遣会社にもよりますが、ドリンクやボトルなどマージンの入る飲み物を入れなくても時給を高い水準で保証してくれるので、事前に想定した通りの給料をもらえます。

 

大半のキャバクラ派遣はバックなしで時給を高めにした固定時給にしているので、接客やノルマに追われることに不安がある初心者にオススメです。

 

働き方が多様化している

 

キャバクラ派遣のデメリットとして有名な話は、マージンをもらえないので、良い客に気に入られたり、オーダーを取る能力があっても反映されないことでした。
最近では高時給+バック(マージン)を用意した派遣会社も登場していて、フルタイムかつキャバクラ派遣でガッツリ稼いでいる人も増えています。
派遣会社によってシステムが異なるので、自分にあった派遣会社を選ぶことによって、理想的な働き方が可能になります。

 

派遣会社の選び方

 

どれくらい稼げるの?

 

都内でのキャバクラ派遣の時給相場は3千円~5千円以上で、銀座や六本木、歌舞伎町は高め。新橋、五反田などは少し安めで、その立地のグレードによって変わります。
もっとも多い時給は3千円ほどです。郊外になると2千円~3千円で、最低時給が4千円以上の所は少ないですが、郊外でも主要都市なら時給3千円前後の仕事がたくさんあります。

 

副業で仕事が終わってから19~23時の4時間働くだけでも時給3千円で1万2千円。週末に8時間勤務をすれば2万4千円稼げます。

 

もちろん、派遣でも勤務時間や家の場所に応じて送りをつけてもらえます。
派遣先からの評判が良いと時給が上がったり、単価の良い仕事を優先的に紹介してもらえるようになります。
また、派遣会社によっては1回の出勤で500~1,000円分相当のポイントをもらえます。ポイントを貯めて換金・還元すればたまにミニボーナスのような形で臨時収入を得られます。
最低条件が優遇されていて、能力や働き方、交渉次第ではもっと条件を良くしてもらえるのがキャバクラ派遣の魅力です。

 

デメリットはないの?

お客と腕を組むキャバクラ嬢

 

  • 希望通りにシフトを入れてもらえない
  • お店ごとでルールが違う
  • 暇な日の出勤が少ない
  • 常に一見客を相手にしないといけない

 

フルタイムで在籍勤務しているキャストは派遣にデメリットを感じることが多いですが、初心者目線では特に気になるデメリットはありません。
希望通りにシフトを入れてもらえないリスクも、大きな派遣会社を選べば業界全体が人手不足なので平日から働くことができます。
お店ごとでルールが違うのも、キャバクラの仕事は他のキャストの動きを見ていればすぐにマネできます。

「他のお店のルールはこうで、こうした事をした方がお客さんが喜ぶから」などと自分の判断でルール違反になる行為をすると厳しく指導されます。
暇な日の出勤は基本的に少ないですが、キャストは派閥があったり派遣を邪魔者のように扱うことがあるので、接客していた方が楽で時間が過ぎるのが早いという意見があります。

常に一見客を相手にしないといけないのも、初心者にとっては年齢、仕事、趣味など定番の質問で時間を潰せるので働きやすい環境だと言えます。

 

つまり捉え方によっては、在籍勤務、体験入店に比べてデメリットはほとんどありません。
マージンの出ない問題点や、シフトに入りづらい問題は大都市を中心に解消されています。

 

登録方法は派遣会社によって違いますが、Webか電話での申込みをした後に面談をして登録するのが一般的です。面接に落ちることは滅多にないので、まずは登録することから始めてみるといいでしょう。

 

登録方法の手順